Moreスタッフブログが更新されました。『鎌倉市材木座の飲食店舗兼住宅改修工事②』

先月末より始まりました鎌倉市材木座の鉄骨造店舗兼住宅の改修工事の経過をご紹介します。

◆プラン
お客様自身がフランス・アパルトマンティストの仕上がりイメージされ、外装や内装もじっくりと検討されたこだわりの現場となります。
外装は低炭素住宅やパッシブ設計住宅で注目されている湿式の左官材ウッドブリースを採用。保温・遮熱・耐候・耐クラック性により長期にわたる快適性やメンテナンス性を考えたご提案になりました。

◆配管工事

配管の墨出し

デッキプレートのコア抜き。
2階PS計画部と3階ユニット部のデッキプレートに穴を開けます。

1階駐車場の天井に各配管を吊るして切り回しを行います。

木工事と絡む床・壁・天井の給水・給湯・排水・ガス配管の逃がしを先行して行います。
ガスメーターは業務用10号のマイコンメーターに変更、電気は一般的な単相3線となります。

◆木工事
木工事は床・天井下地造作からスタートし外壁廻りのサッシ・外壁下地と進行します。

床は置き床にして配管スペースを確保

今回の外壁はウッドブリースの左官仕上げのため、外壁下地はラスカットではなく石膏系ボードのデラクリートを使用します。

定期的にアップしますので是非ご覧ください。

Moreスタッフブログが更新されました。『藤沢市の階段・ロフト廻りの改修工事』

昨日完工いたしました藤沢市の階段・ロフト廻りの改修工事をご紹介します。
階段の壁により3畳ほどのロフトと和室が暗く圧迫感を感じるとのご相談をいただきました。

空間的なつながりを持たせることによる圧迫感の解消や採光を目的に、スリットや開口をご提案させていただきました。
また、リビングにつきましても見せ梁にライスティングレールを設置し空間全体の暗さを解消する工事となりました。

◆和室

アフター

ビフォー

 

◆ロフト

アフター①

ビフォー①

アフター②

ビフォー②

アフター③

ビフォー③

◆施工
解体

壁・スリット下地造作・プラスターボード張り

電気・クロス

定期的にアップしますので是非ご覧ください。

Moreのスタッフブログが更新されました。『鎌倉市材木座の飲食店舗兼住宅改修工事①』

昨日から鎌倉市材木座で鉄骨造の店舗兼住宅の改修工事がはじまりました。

お客様自身がフランス・アパルトマンティストの仕上がりイメージされ、外装や内装もじっくりと検討されたこだわりの現場となります。
外装は低炭素住宅やパッシブ設計住宅で注目されている湿式の左官材ウッドブリースを採用。保温・遮熱・耐候・耐クラック性により長期にわたる快適性やメンテナンス性を考えたご提案になりました。
ウッドブリース左官後は外壁のパワーボードの継ぎ目も無くなり、1階の露出した鉄骨柱も囲いを造作して同じ仕上がりとなるため、より統一感のある建物となります。

◆プラン
サッシ窓にはお客様がご用意されたアイアンを手すりとして取り付けます。
屋上も多目的なご利用を計画されているため安全性を考えて鉄骨フェンスを造作する事になりました。

◆現況

◆解体
あいにくの天候の解体になりましたが、滞りなく予定通り終了です。

内部は殆どスケルトン状態になりましたが、外壁であるパワーボードの下地が木で組まれているため、サッシ交換部の壁下地解体は新規下地の造作も合わせて大工が行ないます。

(解体前)

(解体)
6人がかりで2日間の工程。

(解体後)

タイル浴室の下地はやはりボロボロでした。
木造でも築30年くらいのユニットバス工事を行うと同じような状態の場合が多く見られます。

定期的にアップしますので是非ご覧ください。

Moreスタッフブログが更新されました。『横浜市戸塚区マンションの100%自然素材の珪藻土左官工事』

今回ご紹介しますのは横浜市戸塚区のマンションで行った珪藻土の左官工事です。
小さいお子様がいらっしゃるため、可塑剤の入ったビニールクロスから、安全性が高く調湿による部屋の快適性を高める事ができる100%自然素材の珪藻土を内装材にお選びいただきました。
ご予算の関係でLDK・廊下・主寝室は左官職人にお任せいただき、洋間2室の壁はセルフビルド。

一言で珪藻土と言いましても、内装左官材としてホームセンターなどて販売されている商品を合わせると50種類近くあるようです。
ただ、市販されている商品は内装材として珪藻土を固めるためのツナギに樹脂が使われており、珪藻土本来の調湿・有害物質の吸着分解といった機能性がほとんど期待できないものばかりと思われます。
機能性を重視して、澱粉系の100%の自然素材ツナギを使用したり、効果を大きく左右する細孔の大きさにこだわって産地を限定している商品は、私が知る限りですがユーディー社のMPパウダーかサメジマコーポレーションのリターナブルパウダーくらいではないでしょうか。

「暑さ、寒さも湿度が招く」・「結露を抑えカビの防止をする事はカビを餌とするダニ発生の防止にもつながる」

◆施工状況

下地が躯体の部分は既存のクロスを薄紙も合わせしっかりと剥がし、下地が石膏ボードの面と一緒に自然素材シーラーを塗りました。

セルフビルドの部屋もあるため左官職人の渡邊がお客様にしっかりとレクチャー。

しっかりと厚みをつけて左官する事が大切です。

お客様もお友達と一緒にしっかりと壁の作業終了です。

◆アフター

珪藻土の機能性を高めるためにパターンで凹凸をつけて空気接地面を増やします。
今回のパーターンは壁は横櫛引のコテ押さえ、天井はフラットです。

セルフビルドの部屋もしっかりと厚みがついていますので機能性は抜群ではないでしょうか。

定期的にアップいたしますので次回も是非ご覧ください。

Moreスタッフブログが更新されました。『鎌倉市の塗装・左官工事と横須賀市の擁壁工事』

新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

今年もリフォームをご検討されている方々の参考となるような現場紹介を定期的にさせていただきます。
最初にブログアップさせていただくのは昨年末に完工した2現場です。

1、鎌倉市 屋根外壁塗装、ジョリパット左官、スペースガート設置工事

◆アフター

◆ビフォー

①スペースガート設置
駐車場の開口を広げるために袖壁を解体しスペースガートを設置しました。

②左官工事
塀の老朽化により風化したモルタルが剥がれ落ちてしまうため、浸透性の硬化剤で既存下地を強化、その上から新たにモルタル下地左官を行い、ジョリパット左官で仕上げを行いました。

◆アフター
おさえめのパターンを希望されるお客様が多いです。

◆ビフォー
軽くこすっても剥がれてしまいます。

◆モルタル下地左官

◆ジョリパット仕上げ左官

2、横須賀市の擁壁工事
『全面道路への安全性を高め、駐車場も拡張したい!』とのご要望により、建築確認申請の必要のない高さで擁壁を造っています。

◆アフター

◆ビフォー

◆施工
掘削

配筋

コンクリート打設

定期的にアップいたしますので次回も是非ご覧ください。

アーカイブ

最近の投稿

  • 会社情報
  • 企業理念
  • 店舗のご案内
  • 環境への取り組み
  • 採用情報
  • モア藤沢店 ナチュラルスペースで自然素材を体感しよう!
  • リフォーム施工事例
  • リフォームQ&A | 自然素材リフォームを分かりやすく解説
  • 現場中継ブログ
  • 無料メール相談
  • 無料見積もり依頼 | お気軽にお問い合せください
  • 水回り商品の原価オープン販売
  • 耐震リフォーム・耐震補強